スマホゲームの中毒性に要注意!

据え置き型ゲームをやらなくなってから久しい私ですが、携帯をスマートフォンにした途端、スマホゲームに熱中することになってしまいました。
スマホゲームは基本は無料で遊べるように出来ているため誰でも手軽に遊ぶことができます。
しかし多くのスマホゲームでは「ガチャ」と呼ばれるランダムでゲーム内のアイテムを手に入れることができるシステムになっているため、これが中毒性を高める原因にもなっています。
ガチャを引くためにはさらに別のアイテムが必要になり、これは課金することで購入することもできるほか、ゲームをやり込むことで手に入る仕組みもあります。
そのため時間のない人は課金をして手っ取り早くアイテムを手に入れ、無料で楽しみたい人はより長時間やり込むといった、なかなかやめられない仕組みになっているのです。
また最近のスマホゲームは目覚ましい進歩を遂げ、そのクオリティは他の携帯ゲームやオンラインゲームと比べてもそん色はなく、ゲーム市場を席巻しています。
買い替えるまではスマホゲームにいまいちピンときていなかった私ですが、なるほどこれはハマる人が続出するわけだと感心させられました。
さまざまなゲームがリリースされ、その多くが無料で遊べるとなればゲーム好きの人にはたまらないと思います。
私もその仕組みにまんまとハマってしまった人間のひとりですが、ハマるとしばらく抜け出せなくおそれもあるため、その良さがわからないという人はわからないままで良いのかもしれません。

昔は好きだったけど…

私は小学生の頃はゲームに熱中していました。ゲームをするようになったきっかけは私の兄がゲームが大好きで一緒にゲームをすることがあり次第に私自身もゲームが大好になりました。当時我が家はゲームをする時間に制限されていて夜はゲーム禁止というルールがありましたが、私達はそれを破り怒られることがしばしばありました。中学生のときに誕生日で買ってもらったハンティングアクションのゲームは夢中になりすぎてプレイ時間がカウンターストップするほどやりこみました。高校生になってからは私ゲームをする頻度が落ちてきました。昔のようにゲームを楽しむことができなくなりゲームをプレイ長時間プレイしていると疲れてしまい長くても2時間が限界でした。特に3Dのゲームでは酔ってしまうのでまともにプレイすることができませんでした。部活動もしていたのでゲームをする時間も少なくなっているのもゲーム離れした理由の一つでした。
一方私の兄は相変わらずゲームが大好きで起家にいる時間はほとんどゲームに回しています。兄は高校生のときにとあるネットゲームに没頭しすぎて出席数が危うくなってしまったのです。私からするとあそこまでゲームに没頭してしまうのは異常だと思います。一ヶ月前に兄は仕事を辞めてしまいそれから食事、トイレ、お風呂以外のときはずっと自室でゲームをしています。運動も全くしていないので太り始め、昼夜が逆になりそうでもありとても規則正しい生活だとは言えません。
私からすればゲームもほどほどにして規則正しい生活を送ってほしいのですがそうはいかないのでしょうか。