昔は好きだったけど…

私は小学生の頃はゲームに熱中していました。ゲームをするようになったきっかけは私の兄がゲームが大好きで一緒にゲームをすることがあり次第に私自身もゲームが大好になりました。当時我が家はゲームをする時間に制限されていて夜はゲーム禁止というルールがありましたが、私達はそれを破り怒られることがしばしばありました。中学生のときに誕生日で買ってもらったハンティングアクションのゲームは夢中になりすぎてプレイ時間がカウンターストップするほどやりこみました。高校生になってからは私ゲームをする頻度が落ちてきました。昔のようにゲームを楽しむことができなくなりゲームをプレイ長時間プレイしていると疲れてしまい長くても2時間が限界でした。特に3Dのゲームでは酔ってしまうのでまともにプレイすることができませんでした。部活動もしていたのでゲームをする時間も少なくなっているのもゲーム離れした理由の一つでした。
一方私の兄は相変わらずゲームが大好きで起家にいる時間はほとんどゲームに回しています。兄は高校生のときにとあるネットゲームに没頭しすぎて出席数が危うくなってしまったのです。私からするとあそこまでゲームに没頭してしまうのは異常だと思います。一ヶ月前に兄は仕事を辞めてしまいそれから食事、トイレ、お風呂以外のときはずっと自室でゲームをしています。運動も全くしていないので太り始め、昼夜が逆になりそうでもありとても規則正しい生活だとは言えません。
私からすればゲームもほどほどにして規則正しい生活を送ってほしいのですがそうはいかないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です